ポウサ | 泡が長持ち、ひとやすみにちょうどいいビールグラス

¥1,870

今日も1日、おつかれさま。穏やかなビールタイムにちょうどいい「pausa=小休止」という名前のグラスです。

口元の柔らかいカーブのおかげで、泡と香りが長持ち。あわてず、のんびり、味わいましょう。

 

グビグビ!よりもじっくり派のビアタイムに

フルーティな香りや濃厚な味わいが魅力のクラフトビールが日本でも広まり、ビールの楽しみ方は「グビグビ、ぷはーっ!」だけではなくなりました。

温度とともに少しずつ変化する個性的なビールの味わいをじっくり楽しむ、そんな方が増えたのではないでしょうか。

2022年現在、国内のマイクロブルワリー(小規模醸造所)は550ヶ所以上にもなるのだとか。

ポウサは「小休止」という意味のスペイン語。英語では「pause」にあたります。毎日をがんばる人へ、ひとやすみの時間を届けたいという思いが込められています。

ゆるやかなカーブが、泡を美しくキープ

ポウサの最大の特徴は、口元のゆるやかなカーブ。

ぽってりと優しい印象のこのカーブは、ビールの泡と香りをやさしく包み込みます。さらに、泡を長持ちさせてくれる効果も

ビールの泡には炭酸ガスを逃さない「蓋」の役割があり、風味の変化を防ぎます。また、きめ細かな泡は口当りをやわらかくしてくれます。

容量はSが215ml、Lは315ml。パートナーとサイズ違いで揃えるのもおすすめです。贈りやすい価格は、ビールとともに手土産として差し上げても喜ばれそうです。

職人の感性が生み出す、Sghrのガラスアイテム

菅原工芸硝子(すがはらこうげいがらす)株式会社は1932年の創業以来、一貫して手仕事によるガラス製造を続けてしてきました。

アイテムのラインナップは4,000種類以上。その多くは、ガラスと日々向き合う職人たち自身がデザインを手がけています。

ポウサをデザインした秋山 光男(あきやま みつお)さんがポウサに込めたのは、あなたの「ひとやすみ」を想うあたたかい眼差しです。

ともすると高価な装飾品、美術品として扱われることもある手仕事によるガラス製品ですが、Sghrのアイテムに共通するのは「暮らしの中で使うものであってほしい」という願いです。

ガラスを通して、色彩、輝き、光が、暮らしに差し込む美しい瞬間。生活に寄り添うデザインと、使い手の心を明るくするぬくもりのあるガラスを届けたい。

美しさへの飽くなき好奇心と使い手の暮らしを思う想像力が、Sghrの原点なのです。

明日もがんばるために、ちゃんと「ひとやすみ」を

毎日がんばる方にこそ、意識的に「ひとやすみ」をとってほしいもの。

ポウサにビールを注いだら、頭をからっぽに。」そんなマイルールをつくってしまうのはいかがでしょうか?

商品詳細

ブランド

Sghr スガハラ

商品名

ポウサ | 泡が長持ち、ひとやすみにちょうどいいビールグラス

原材料

ガラス

サイズ

S:直径63×高さ83mm、215ml
L:直径72×高さ91mm、315ml

生産地

日本

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

あなたにおすすめ

最近見た商品