枝もの定期便規約

本枝もの定期便規約(以下「枝もの定期便規約」といいます。)は、花色百貨の会員と当社との間で枝もの定期便契約が成立した場合における当該会員と当社との間の権利義務関係が定められております。枝もの定期便の契約を申し込まれる方は、枝もの定期便規約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。

花色百貨規約と枝もの定期便規約の規定が異なる場合には、枝もの定期便契約については枝もの定期便規約の規定が優先して効力を有するものとします。枝もの定期便規約に明記しない限り、花色百貨規約で用いられる用語の定義は、花色百貨規約で用いられる定義と同様とします。

 

第1条 定義

枝もの定期便規約において使用する以下の用語は各々以下に定める意味を有するものとします。

(1) 「枝もの定期便契約」とは、第2条第2項において定義された「枝もの定期便契約」を意味します。

(2) 「サブスクリプション料金」とは、第3条第1項において定義された「サブスクリプション料金」を意味します。

(3) 「花色百貨規約」とは、当社が提供する「花色百貨」というサービスの利用規約(https://hanairo.store/policies/terms-of-service)を意味します。

(4) 「会員」とは、花色百貨規約第4条に定義される「会員」を意味します。

(5) 「商品等」とは、花色百貨規約第10条に定義される「商品等」を意味します。

(6) 「不適合」とは、第5条第1項において定義された「不適合」を意味します。

(7) 「検査期間」とは、第5条第1項において定義された「検査期間」を意味します。

(8) 「本変更等」とは、第6条第1項において定義された「本変更等」を意味します。

(9) 「変更可能期間」とは、第6条第1項において定義された「変更可能期間」を意味します。


第2条 サブスクリプション

1. 会員は、本サービスにおいて、当社が指定する情報を入力することにより、会員に定期的に配送される商品等を注文することができます。

2. 当社が、前項に基づく会員の注文に対して、承諾する旨を会員に通知した時点で、当社と会員との間において、商品等について、当社が当該注文を承諾する旨を会員に通知した日から第8条に基づき解除又は解約された日までの期間、会員が選択した頻度で定期的に配送される旨の契約(以下「枝もの定期便契約」といいます。)が成立するものとします。

3. 枝もの定期便契約は、当社の会員に対する商品等の賃貸借とし、商品等の所有権は当社に帰属するものとします。

4. 会員は商品等を自由に利用又は処分することができるものとし、会員が商品等を利用又は処分した時点で、商品等の所有権は当社から会員に移転するものとします。所有権移転の対価はサブスクリプション料金に含まれるものとします。

5. 会員は次項に定める商品等の賃貸借期間が終了した場合、会員は、その裁量により(i)商品等を返却しないこと、又は(ii)別途当社が指定する方法により当社に対して商品等を返却することができるものとします。但し、商品等の返却は商品等の次回配送時に併せて行われるものとし、会員は任意の時期に商品等の返却を行うことはできないものとします。

6. 枝もの定期便契約において配送される商品等毎の賃貸借期間は、商品等の配送が完了した日から次回配送分の商品等の配送が完了する日までとします。但し、枝もの定期便契約における最終配送分の商品等の賃貸借期間は、商品等の配送が完了した日から枝もの定期便契約終了日までとします。

7. 第5項において(i)当社に対して返却しないこととした商品等について、会員は、当社に対して別途費用を支払うことを要せず、賃貸借契約が終了した商品等を自らの責任と費用負担において廃棄又は処分するものとします。この場合、賃貸借期間の経過をもって商品等の所有権は当社から会員に移転するものとします。所有権移転の対価はサブスクリプション料金に含まれるものとします。

 

第3条 サブスクリプション料金及び支払方法

1. 会員は、商品等の枝もの定期便契約の契約期間中、当社が別途定める料金(以下「サブスクリプション料金」といいます。)を負担するものとします。支払方法は、花色百貨規約第11条に従うものとします。

2. サブスクリプション開始時のサブスクリプション料金は、当該サブスクリプションの申込日に決済されるものとし、次回以降の配送分については、当社が別途指定した日に決済されるものとします。

3. 会員がサブスクリプション料金の支払を遅滞した場合、会員は年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

 

第4条 配送

1. 当社は、枝もの定期便契約成立後の商品等の初回の配送に関して、第3条に定める料金の支払いがあった場合、会員に対して、会員が指定した住所に商品等を配送するものとし、以降の商品等の配送に関しては、会員が選択した頻度で、枝もの定期便契約において定められた期日に商品等を配送します。商品等の配送に係る費用は当社の負担とします。

2. 配送予定日における会員の不在又は商品等の受取拒否等の理由により商品等の配送ができず、商品等に汚損又は腐食が生じたとしても、当社は一切責任を負わないものとし、会員は第3条に基づくサブスクリプション料金の支払を免れないものとします。この場合において、会員が商品等の再配達を希望し、当社が商品等の再配達を行った場合、会員は、当該再配達に関する送料を、当社が別途定める方法により、当社に対して支払うものとします。

3. 前項の場合において、当社(配送を行う配送業者を含みます。以下、本項及び第4項第2号において同様とします。)所定の保管期限が経過した場合、当社は商品等を自由に処分することができ、会員はこれに対し異議を唱えないものとします。なお、当社が商品等を処分した場合であっても、当社は代わりの商品等を再送する義務を負わないものとします。

4. 会員は、商品等の配送に関し次に掲げる事項について予め承諾するものとします。

(1) 配送場所において置き配(あらかじめ指定された場所に非対面で商品等を配送することを意味すします。以下本号において同様です。)が可能な場合には、商品等の配送は置き配にて行うこと

(2) 会員が配送場所に不在時に、会員が本サービス上に登録した電話番号宛に当社が荷電することがあること

 

第5条 返品・交換

1. 会員は、商品等を受領後、商品等の明らかな不良(以下「不適合」といいます。)を発見した場合には、商品等の配送完了後1週間(以下「検査期間」といいます。)以内にその結果を当社に対して通知できるものとします。

2. 前項の通知を受け、当社において不適合が確認できた場合、当社は当該商品等に相当するサブスクリプション料金を返金するものとします。なお、会員は不適合が発見された商品等に関して、自己の責任と費用負担において商品等を廃棄又は処分することができるものとします。

3. 下記の場合には、商品等は検査に合格したものとみなし、当社は会員に対して当該商品等について返金する義務を負わないものとします。

(1) 会員が検査期間内に当社に対して通知しない場合

(2) 会員が商品等について合理的な理由なく検査不合格の通知をなし、検査不合格の合理的な説明がなされないまま検査期間が満了した場合

(3) 商品等配送後に商品等に汚損又は破損が生じた場合

4. 当社は、商品等の不適合に関して本条に定めるもの以外に一切責任を負わないものとし、また商品等に関して返品又は交換を行わないものとします。

 

第6条 配送予定日の変更等

1. 会員は、商品等の配送予定日の2週間前(以下「変更可能期間」といいます。)までに、当社所定の方法により当社に対して通知することにより、商品等の配送のスキップ、配送予定日の変更又は配送先の変更(以下「本変更等」といいます。)を行うことができます。なお、「商品等の配送のスキップ」とは、商品等の配送を一時的に中止することを意味し、スキップが行われた商品等に関して、サブスクリプション料金は発生しないものとします。

2. 変更可能期間経過後は、会員は本変更等をできないものとします。

3. 本変更等が行われた場合であっても、第1項なお書きに定める「商品等の配送のスキップ」の場合を除き、当社は受領済みのサブスクリプション料金の返金は一切行わないものとし、また会員は配送済みの商品等に係るサブスクリプション料金の支払を免れないものとします。

 

第7条 商品等の配送の停止

1. 会員は、商品等の配送予定日の2週間前(以下「停止期限」といいます。)までに、当社所定の方法により当社に対して通知することにより、枝もの定期便契約における商品等の配送の停止をすることができます。この場合、第2項に定める配送の再開がなされるまで、商品等は会員に対して配送されなくなるものとし、停止期間中、サブスクリプション料金は発生しないものとします。但し、いかなる時期に配送の停止をした場合であっても、当社は受領済みのサブスクリプション料金の返金は一切行わないものとします。

2. 停止期限経過後に、商品等の配送の停止の通知がなされた場合には、次々回配送分から商品の配送が停止されるものとし、会員は次回配送分の商品等にかかるサブスクリプション料金の支払いを免れないものとします。

3. 枝もの定期便契約の配送の停止をした会員は、当社の定める方法により、枝もの定期便契約を再開することができます。

 

第8条 枝もの定期便契約の終了

1. 当社は、会員が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知又は催告することなく、枝もの定期便契約を解除し、直ちに商品等の返却を求めることができるものとします。

(1) 花色百貨規約又は枝もの定期便規約のいずれかの条項に違反した場合

(2) サブスクリプション料金の支払を遅延した場合(クレジットカード決済ができなかった場合を含みます。)

2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、会員は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

3. 当社は会員に対して通知することにより、枝もの定期便契約を解約できるものとします。

4. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

5. 会員は終了を希望する日の14日前までに当社の指定する方法で通知することにより、枝もの定期便契約を解約できるものとします。

6. 枝もの定期便契約が終了した場合、会員が当社に支払ったサブスクリプション料金は、その理由の如何を問わず返還されず、会員は、枝もの定期便契約終了時点までにおけるサブスクリプション料金を当社に対して支払うものとします。

7. 枝もの定期便契約の解除その他の事由の如何を問わず、枝もの定期便契約が終了した場合は商品等の賃貸借期間も終了するものとし、会員は当社に対して別途費用を支払うことを要せず、賃貸借契約が終了した商品等を自らの責任と費用負担において廃棄又は処分するものとします。この場合、賃貸借期間の経過をもって商品等の所有権は当社から会員に移転するものとします。所有権移転の対価はサブスクリプション料金に含まれるものとします。

 

第9条 保証の否認及び免責

1. 商品等は生ものであるため、商品等毎に個体差があります。それ故、当社は、商品等が、会員が期待する形状、色調その他の性質を有することを保証するものではありません。

2. 消費者契約法その他の強行法規の適用その他何らかの理由により、当社が会員に対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任は、直接かつ通常の損害に限り、逸失利益、間接損害等は含まないものとし、また、損害の事由が生じた時点から遡って過去1ヶ月間に会員から現実に受領したサブスクリプション料金の総額を上限とします。

 

第10条 個人情報等の取扱い

1. 会員は、登録情報に含まれる会員の個人情報(個人情報の保護に関する法律第2条1項に定義する個人情報を意味します。)について、当社のプライバシーポリシーに従って取り扱われることに同意するものとします。

2. 会員は、商品等の配送に必要な範囲で会員の個人情報が、当社の指定する配送業者その他の第三者に提供されることを了承するものとします。

 

第11条 有効期間

1. 会員が会員資格を喪失した場合は、枝もの定期便契約も併せて終了するものとします。

2. 前項の規定により、枝もの定期便契約が終了した場合、会員の当社に対する債務は当然に期限の利益を失い、会員は全ての債務を当社に弁済しなければならないものとします。

 

第12条 存続規定

第2条第4項、第5項及び第7項、第3条(未払がある場合に限ります。)、第4条第3項、第5条第3項及び第4項、第6条第3項、第7条、第8条から第10条まで、第11条第2項、並びに第12条までの規定は枝もの定期便契約の終了後も有効に存続するものとします。

【2022年3月24日制定】